Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    中部国際空港 UPSも運休、貨物便半減へ

    2009年2月10日

     
     
     

     米国の貨物大手のUPSが週5便で運航していたアンカレッジ―中部国際空港―上海の貨物専用便が、2月から運休した。


     これによって3月末までに最大で54便あった貨物便は、4月から週20便を下回る水準に落ちこむことが確実となった。
     運休の理由は景気減速による航空貨物需要の低迷。中部空港ではフェデラルエクスプレスが3月末で週6便の上海線の運休を決めており、4月以降の国際航空貨物便が半分以下の減便となる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら