Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東路協 産廃物不法投棄の防止協定を締結

    2009年4月8日

     
     
     

     東京路線トラック協会(有富慶二会長)は3月26日、東京都大田区の京浜トラックターミナルで28の自治体が参加する産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会と「産業廃棄物の不法投棄の情報提供に関する協定」を結んだことを踏まえ、同協議会とともに締結式ならびに出発式を行った。


     同協定は東京をはじめ、関東甲信越と静岡、福島の1都11県16市のエリアで、集配トラックのドライバーが業務中に不法投棄の現場を見つけた際、所管する自治体に通報するもの。東路協の会員は現在70社で、トラックは12万台を有する。そのうち同エリアで、2万台のトラックに「みんなでなくそう! 不法投棄」と記したステッカーを貼り、活動を展開する。
     有富会長は、「ステッカーを貼るのは2万台だが、対象エリアには4万8000台の会員のトラックが走行している」とし、「啓発活動を通じ、いい結果がでるよう望みたい」とあいさつ。
     その後、東京都の有留武司環境局長から有富会長に、ステッカーが手渡された。出発式では、ドライバーらが実際にステッカーをトラックに貼り、業務へと出発した。
     東路協は昨年12月、それまでの任意団体から一般社団法人に移行したが、有富会長は「任意団体の頃は、共益事業が主体だった」とし、社団法人になったことで、「公益事業を増やし積極的に展開していきたい」としている。(高田直樹記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら