Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    中部国際空港税関 貨物取扱量が前年比半減

    2009年5月7日

     
     
     

    【愛知】名古屋税関中部空港税関支署が4月24日に発表した3月の中部空港貨物取扱量は、輸出入を合わせた総取扱量が7815tで前年同月比48.7%減と、ほぼ半減していることがわかった。


     開港以来、過去最低となった1月の5853tを上回ったものの、製造業の業績低迷で厳しい状況が続いている。輸出は3459t(前年同月比57.1%減)、輸入は4356t(同39.3%減)。
     就航する貨物便の採算が悪化しており、中部空港の競争力低下が懸念されている。09年度も貨物量の大幅な回復は困難とみられており、乗り入れ路線を維持できるかが、大きな課題となっている。(戸嶋晶子記者)

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •