Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    首都圏の物流施設空室率は14.5% 一五不動産情報サービスまとめ

    2009年5月14日

     
     
     

     不動産調査会社の一五不動産情報サービス(東京都墨田区)はこのほど、2009年4月時点の物流施設の需給動向に関する調査結果をまとめた。


     それによると、首都圏の空室率は14.5%で前期(同1月)から横ばい。3棟の新規物件が供給された(うち2棟が満室稼働)結果、需給バランスとしては安定的に推移した。募集賃料水準は1坪あたり4210円で、前期の同4410円から4.5%下落した。
     一方、関西圏の空室率は12.0%で、前期から2.3ポイント悪化した。既存物件からのテナント流出と大型物件の竣工がその要因。
     今後の見通しとしては、首都圏では超大型施設の竣工が続くため、空室率が16―19%まで悪化する可能性があるとしている。関西圏は、今後の供給物件が満室稼働となる可能性が高く、需給バランス悪化の懸念は小さいとしている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら