Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川急便 次世代携帯端末を来年10月から導入

    2009年10月28日

     
     
     

     佐川急便(平間正一社長、京都市南区)は15日、セールスドライバーの次世代携帯端末とプリンターを開発し、来年10月から全国で2万4000台を導入すると発表した。新端末は、業界で初めてバーコードスキャナ付きスマートフォンを採用。QRコードなど2次元バーコードを活用して、業務領域の拡大を目指す。


     現行4台を使用している機器を2台に統合し、小型・軽量化、タッチパネルなどでドライバー業務の簡素化・負荷軽減を図る。新端末により、集荷先の伝票発行機能や担当ドライバーの簡易メール機能などで、顧客対応力もアップさせる。
     また、新たな中継システムをSGホールディングスグループの佐川コンピューター・システム(安延申社長、同)が構築することで、従来の基幹システムとの連携を図るほか、次世代用業務アプリケーションを「容易かつ迅速」にバージョンアップすることが可能になるという。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら