Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    温暖化防止に京都府民と企業が協力

    2009年11月17日

     
     
     

     京都府で「京都の一般家庭が削減したCO2を京都の企業が購入することで、地球温暖化防止の輪を広げていきたい」という事業が行われている。京都府が中心となって組織された京都CO2削減バンクが実施している「京都エコポイントモデル事業におけるカーボンクレジットの販売」がそれだ。


     京都府地球温暖化対策課の奥谷三穂課長は「運送事業者の皆さんにもどんどん参加して欲しい」と訴える。「削減バンクのホームページへの掲載や認証マークの掲出などの環境アピールのほか、京都府地球温暖化対策条例の事業者排出量削減計画書・報告書への差し引き記載が可能」と奥谷課長。「最初、700世帯だった一般家庭の参加者が2500世帯を見込む」までに広がってきているという。
    1117kyoto.jpg  参加した各家庭では、関西電力や大阪ガスのデータを基に、実際にどのくらいのCO2が削減されたかを集計し、1kg当たり5円分のエコポイントを得ることが出来る。エコポイントは協力店や交通機関で使用でき、「地域商店街のお買い物促進や公共機関の利用促進につながる」という。企業側は参加家庭が減少させたCO2の量(カーボンクレジット)を購入し、環境アピールとして活用するというもの。
     奥谷課長は「京都府の部門別の排出割合では運輸は全体の24.5%を占める。次回の募集は来春を予定している」と説明。「大手の運送事業者だけでなく、中小規模の運送事業者の参加が増えればうれしい」と話す。
    関連リンク→ 京都CO2削減バンク

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら