Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    シンガポールヤマト運輸 TAーQーBINを開始

    2010年1月29日

     
     
     

     ヤマトホールディングス(瀬戸薫社長、東京都中央区)の子会社であるシンガポールヤマト運輸は、8日からシンガポール国内での宅急便業務(TA─Q─BIN)を開始した。



    0129y.jpg
     営業所は5か所、車両数26台、ドライバーは32人。同日、ヤマトグループのシンガポールを中心としたアジア圏の事業戦略と、TAーQーBINの紹介およびシンガポール社会生活への貢献の説明会見も行われた。
     瀬戸社長は「日本でヒットしたサービスを、シンガポールでも便利にご利用いただきたい」と述べ、「シンガポールは東南アジアの政治経済の面で重要な地域であり、豊かな消費者層を抱えている」と語った。
     シンガポールヤマト運輸の戸田直樹社長は「市場需要に期待している」とし「クール便、時間帯お届けやコレクトサービスなど、きめ細かいサービス提供により、新サービスでの需要掘り起こしを行う」と話した。
    ◎関連リンク→ ヤマトホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら