Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    NTTロジスコ 物流センターにソーラー発電設備

    2010年2月2日

     
     
     

     NTTロジスコは2月から埼玉と名古屋の2物流センター内でソーラー発電による電力を活用すると発表。
     今回の設置による発電量は年間約42万kWhを見込んでおり、両物流センターの電力消費量の約15%に相当する。


    0202ntt.jpg
     今回の取り組みは、NTTグループによるソーラーシステムを中心とした自然エネルギー利用を促進する『グリーンNTT活動』の一環。NTTグリーン有限責任事業組合がNTTロジスコの物流センター屋上にソーラーパネルを設置する。NTTロジスコは同社から電力を購入し利用する。
     埼玉物流センター(埼玉県加須市)は発電能力300kW(1680枚・約3000平方m)、名古屋物流センター(愛知県丹羽郡)は同130kW(728枚・約2000平方m)のソーラーパネルが設置されている。
     NTTグリーン有限責任事業組合は、NTTグループ各社から出資を受け、ソーラーの構築や運用、グリーン電力証書の発行業務などを行っている。
    ◎関連リンク→ 株式会社NTTロジスコ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら