Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    鉄道Webサービス 4月から運用開始

    2010年3月1日

     
     
     

     鉄道Webサービス実証委員会はこのほど、鉄道コンテナの新情報システム「鉄道Webサービス」を4月から運用すると発表した。
     同サービスは、JR貨物とフォワーダーのシステムで利用者がコンテナの状況をリアルタイムに把握できるというもの。


    0301te.jpg
     同委員会は合通、札幌通運、センコー、中央通運、トナミ運輸、日本貨物鉄道、博多運輸、北海道通運、丸和通運、ヤマト運輸で構成されており、担当フォワーダーがこの10社であれば、インターネットで登録するだけでサービスを利用できる。登録料は無料。また、トラック輸送と比較したCO2削減量の情報も提供する。
     環境負荷の少ない鉄道コンテナ輸送へのモーダルシフトが注目される一方、電話やファクスによる問い合わせしかなく、鉄道コンテナの状況把握に時間が掛かる問題が指摘されていたことから開発されたサービスで、今後はネットワークの拡大と機能の拡充を図るとしている。
    ◎関連リンク→ 鉄道Webサービス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら