Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SBSHD 新規営業の強化が奏功

    2010年3月8日

     
     
     

     SBSホールディングスは2月24日、決算説明会を開催。連結業績は売上高1157億1000万円(前年同期比17%減)だったが、当期純利益は19億8800万円(同107%増)。
     物流事業単独では売上高1048億100万円(同8.4%減)だが、営業利益は26億9900万円(同5.2%増)だった。



    0308sbss.jpg これは物流量の減少のほか、SBSポストウェイ社の全株売却による売上高約60億円減や不動産事業の約50億円減、人材事業の売上減が要因と発表した。
     その中でも物流事業は減少幅が少なかったと説明。鎌田正彦社長は「09年はメーカー系やスーパーの食品物流系が大幅に冷え込んだが、通販やネットの個人宅個配は比較的堅調。物流事業の営業利益率も目標の3%に近づいており、物流を中心とした事業は過去5年間順調に利益を伸ばしている」と説明。
     また、「物流事業では新規営業の強化で約50億円の受注高があった。新規の余波は続いており、次期は70億円を見込んでいる」という。
     さらに昨年立ち上げた「バルス」の3PL事業が軌道に乗り、今年の売り上げ見込みは約20億円と発表。今後は新規営業拡大と3PL提案力を持った人材の育成、伸びているジャンルにしぼった3PL開拓も計画。「景気はさらに5%程度落ち込むと見ているが、それ以上に新規開拓を進めていく」とし、10年同期は連結で売上高1160億円、当期純利益20億円と予想している。
    ◎関連リンク→ SBSホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら