Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アサヒロジスティクス 松戸共配センター開設

    2011年5月17日

     
     
     

     アサヒロジスティクス(小川修社長、埼玉県比企郡)は4月11日、松戸共配センターを開設するに際し、開所式を開いた。


    0508-4.jpg
     横塚元樹専務によると、同センターの開設は約2年前から社内でプロジェクトチームを組んで進めてきたという。5階建てで延べ床面積約8100坪に、約2140坪の冷凍自動倉庫、662坪の冷凍庫、2510坪の冷蔵庫、2000坪の常温庫を備える。また、入出庫ドックシェルターとして60バースを設置、24時間365日の物流サービスを展開する。関東圏輸送の中核となる同センターが完成したことで、花見台、北関東、千葉長沼、横浜の各共配センターを結ぶ、関東全域をカバーする配送網が実現する。
     開所式に集まったスタッフらを前に小川社長は、「品質力、コスト力、そして働きがいのある職場が同センターの特徴。基幹センターとしての役割を担ってほしい」と、また横塚専務は、「建物はできたが魂を入れるのはみなさま。すばらしいセンターにしていってほしい」と、それぞれあいさつした。
     同センターは、同17日の出荷作業から本格的に稼働させた。
    ◎関連リンク→ アサヒロジスティクス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら