Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    【荷主への提案】輸送体制常に見直し、先手で効率化提案

    2011年7月27日

     
     
     

     札幌市に営業所を置く運送会社は、紙・雑誌類をメーンに扱う。景気の低迷、人口の減少、紙媒体の販売減少などで、運ぶ荷物の量が長期的に漸減傾向にあり、「今後も増えていくことは考えにくい。そのため効率的な輸送体制を常に見直さなければ厳しくなる」と考えている。


     同社では2か月ごとに、荷物の量と稼働した車両の台数と時間、かかるコストと売り上げなどを一覧にして見直す。これを昨年、一昨年の同時期の数字とつき合わせて、今後の推移を予想し、配送ルートの見直しや、車両の削減などを頻繁に行っている。
     社長は「荷主への提案というよりも、一方的に縮小・効率化しますという話になる。配送車両を1台、2台と減らし、売り上げも落ちるが、出す荷物が減っているので当然のこと。こちらから先手で効率化の話を持っていけば、数ある運送会社の中でも、うちを最後まで大事にしてもらえる」と話す。
     これにより空いた車両は、別の荷主を確保すべく営業を行っているというが「いい仕事がないのが悩みだ」と苦笑する。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら