Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    センコー 同社最大の施設「野田第1PD」完成

    2011年8月12日

     
     
     

     センコー(福田泰久社長、大阪市北区)は7月21日、千葉県野田市に建設していた「センコー野田第1PDセンター」が完成したと発表。8月1日から営業を開始した。
     地上3階建てで、延べ床面積7万9835平方m(自動倉庫除く)の同社最大の物流センター。そのうち約60%(延べ床面積4万4400平方m)は、イオンの物流業務を担う「イオン北関東RDC」として運営。3件目のセンター受託となる。


    0812se1.jpg
     同社は、イオングローバルSCMが展開する物流ネットワーク施設の一つとして、国道16号沿線で柏ICから至近という好立地を生かして東京、埼玉、茨城、栃木、群馬など北関東に広がるイオングループ各社の店舗に商品を供給。自動倉庫を用いた商品保管やピッキング、ソーターシステムを利用した仕分け業務、クロスドック業務などを行う。
     また、イオン業務以外の営業倉庫スペースを使い、北関東だけでなく都内、千葉、神奈川など南関東向け配送拠点として事業を展開していく。なお、同センターの隣接地に現在、延べ床面積3万3564平方m、3階建ての「野田第2PDセンター」を建設中で、11月の稼働をめざす。
     同社は「2棟のPDセンター稼働で、北関東を中心とした関東圏向け物流拠点の強化を図っていく」としている。
    ◎関連リンク→ センコー株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら