Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマト包装技術研究所 「魔法のふろしき」がロジスティクス賞

    2011年9月16日

     
     
     

     ヤマトグループのヤマト包装技術研究所(片倉由美子社長、東京都江東区)は8月30日、「2011日本パッケージングコンテスト」で「ロジスティクス賞」を受賞したことを発表した。
     日本包装技術協会が毎年主催し、優れたパッケージングとその技術の開発普及を目的に国内のパッケージ技術の最高水準を決定するもので、入賞作品には「GPマーク」の使用が許可される。


    0911-7.jpg
     受賞したのは「Neco fit(ネコフィット)シリーズ『FLIX(フリックス)タイプ12』」。独自に開発したリターナブル包装資材で、軽く柔らかいシート状の緩衝材。物品を包んだ後、付属のポンプで空気を抜いて固定するため、物品の形状を問わずフィット性と柔軟性がある。かばん型の外装ケースで二重に保護でき、パソコンや精密機器の運搬に適している。
     グループの輸送現場では09年から導入・活用しており、10年度グッドデザイン賞も受賞している。
    ◎関連リンク→ ヤマト包装技術研究所株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら