Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省総合政策局 モーダルシフト中間まとめ発表

    2011年10月31日

     
     
     

     国交省の総合政策局は10月17日、モーダルシフト等推進官民協議会(増井忠幸座長)の「中間とりまとめ」を発表。
     トラックに比べ鉄道や船舶は「輸送距離が長い場合にコスト競争力が高い」「環境負荷が小さい」「大量輸送機関である鉄道、船舶(無人シャーシ等)輸送は将来の労働力不足への対応方策になり得る」など長所がある半面、「駅、港湾などのインフラが近隣に必要」「災害や天候による遅延への対応や代替輸送の手配が必要となる」などの短所があると指摘。


     検討する際は、輸送機関の「特性」を踏まえた上で、貨物自体の持つ性質、輸送条件を勘案することが必要としている。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら