Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    センコー最大の物流拠点 野田第2PDセンターが稼働

    2011年11月17日

     
     
     

     センコー(福田泰久社長)は10月20日、千葉県野田市に建設していた「野田第2PDセンター」が完成し、11月1日から営業を開始すると発表。10月20日には関係者が集まり竣工式を開いた。
     関東地区の物流サービス強化を目的として建設され、地上3階建て、延べ床面積2万9805平方m。既に8月には隣接地の野田第1PDセンターを稼働させており、両PDセンター合計の延べ床面積は約11万平方mで同社最大の物流拠点となった。


    1114-4.jpg
     今回の野田第2PDセンターは、センター両サイドで延べ32台の同時積み下ろしが可能なほか、1階部分を高床ホームと低床ホームに分け貨物の特性に応じた荷役が可能。
     センターの各フロアを結ぶ荷物用エレベーターを4基、垂直搬送機を3基設置するなど、入出荷のスピード、多様な商品の取り扱いを重視した仕様となっている。
     国道16号に隣接しており、東北自動車道、常磐自動車道といった高速道路ICから至近ということで、関東全域への配送サービスが可能としている。
     また、太陽光発電設備や省エネ型照明器具(LED照明)を導入するなど環境面にも配慮した。
    ◎関連リンク→ センコー株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら