Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川ロジパートナーズ 熊谷センターに大型自動仕分け機導入

    2012年2月8日

     
     
     

     佐川ロジスティクスパートナーズ(小山彰社長、埼玉県比企郡)は熊谷センター(熊谷市)に大型自動仕分け機を導入、1月23日から本格稼働した。


    020703.jpg
     同社は10年2月からSGホールディングスグループの一員として新たにスタート。主に量販店向け商品の検品・検針、店舗ごとの仕分け業務を行っている。既存顧客の物量増大への対応と新規取引先拡大のため昨年11月、熊谷センターを開設。埼玉県内は5センターとなり、大阪府枚方市の4センターと合わせて総延べ床面積は8万2000平方mとなった。
     アパレルに対応した防塵床の熊谷センターに導入する大型自動仕分け機は100シュートあり、アウター夏物で1日に2万5000点、冬物で1万3000点(1日8時間計算)の出荷能力を持つという。
    ◎関連リンク→ SGホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら