Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    HOP推進協議会 新事業立ち上げに着手、会合で報告

    2014年9月4日


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Fnews%2F17446%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     

     【北海道】北海道国際輸送プラットホーム(HOP)推進協議会(千葉博正会長、札幌大学教授)は今年度、新事業として「航空便による冷凍・冷蔵品小口混載輸送サービス」のHOP1サービスでマレーシア便を9月から開始するほか、「海上輸送による冷凍・冷蔵品小口混載輸送サービス」のHOP2サービスの立ち上げに着手する。同協議会の会合が5日に開催され、これらの報告が行われた。
     HOP1は、北海道産品をダンボール・発泡スチロール1箱サイズから輸出する恒常的な国際小口冷凍・冷蔵貨物の航空輸送サービスとして、これまで香港(1箱5000円から)・台湾(同5000円から)・シンガポール(同9000円から)を対象地域としてきた。


    081910.jpg
     道庁によるマレーシアへの道産品輸出トライアル事業を経て、「現地の通関施設は冷蔵・冷凍庫も整備され、輸送容器内の温度変化も鮮度維持に問題がなく、生鮮品の温度管理が十分に可能」と確認したことから、マレーシアへと対象地域を拡大する。サービス価格は、マレーシアへの納品先まで道内どこからでも1箱5kg以内9000円、10kg以内1万2000円、15kg以内1万5000円から提供することを予定。
     HOP2は、道内では海外への直輸送は極めて少なく、京浜、阪神、福岡などに集められ、他地域の食料品と混載されて間接輸出されるケースが多かった。この場合、国内での輸送費が高くなり、道産食品の競争力を低下させる原因になっていた。
     この課題を解決するため、「北海道発の冷蔵・冷凍貨物海上LCL輸送サービス」として、HOP2を本格的にスタートさせる。今年度は、台湾と香港に向けて、輸送システムの検討と複数回のトライアル輸送を行い、結果を検証する。問題がなければ、恒常的なサービスとする。
     会合ではこのほか、既存事業の進捗状況の報告が行われ、今年度、取り扱いを大きく伸ばす目標を立てた「海外おみやげ宅配便」では、7月末までに取扱店舗が58へと増え、導入店舗向けのECサイトを開設したと報告。同宅配便は年度内に500店舗の導入を目指す。
     また、道産品の海外試食商談会が効果的だったことを踏まえ、これを定期的に開催する方針を決めた。

     

    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Fnews%2F17446%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら