Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    岡田商運 「トラック交通安全教室」相次ぐ申し込みに奔走

    2014年11月24日

     
     
     

    【岡山】「もし人形じゃなかったら…。とても怖かったので、自転車に乗るときは気をつけようと思った」と、危険シーンを体験した児童が感想を口にした。11月20日、岡山市南区の南輝小学校で開かれた岡田商運(同区)による「トラック交通安全教室」。3シーズン目となった今年は従来の3校に加え、うわさを聞きつけた市内の2校から教育委員会を通じての申し込みがあり、開催数は計5校に増えた。
     年内最後の教室となった20日は、本業の運送業務も年末年始の繁忙期に突入したことでトラック、ドライバーとも余剰がない状況。校庭に持ち込んだ2台の大型トラックのうちの1台は、岡田好美社長が自らハンドルを握った。教室が終了した時点で輸送業務に戻るため、すでにウイングボディーの内部にはぎっしりと荷物も積み込まれていた。


    121817.jpg
     「しっかりと安全を学んでもらいたい」と〝来るもの拒まず〟のスタンスを貫く。ただ、申し込みが増えすぎれば大変なのも確か。それでも「大変なのはボロの自転車を集めること。大型トラックで踏み潰してしまうため、何台あっても足りない状態。壊れて使えないとか、不要になった自転車があれば声を掛けてもらいたい」と、まだまだヤル気だ。
    ◎関連リンク→ 株式会社岡田商運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら