Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 海外物流戦略会議でベトナムでの課題議論

    2015年2月2日

     
     
     

     物流連は12月10日、海外物流戦略ワーキングチームの会議を開催。今年度5回目の開催で、政府とベトナム政府、ミャンマー政府との物流政策対話が12月と1月中旬に実施されることを念頭に開催された。
     会議では、11月に実施したベトナム物流実態調査の結果概要の報告と、JR貨物によるミャンマー貨物輸送事情についての報告があったほか、ベトナム・ミャンマーへの現地進出企業が経験している課題について議論した。具体的には、ベトナムでは昨年1月から、交通事故防止と道路ダメージの軽減を目的とした車検の厳格化、過積載の取り締まり強化などが、十分な事前説明がないまま導入されたため、若干の混乱が生じていることが指摘されたが、一方で、日系企業にとって望ましい方向にあるとの意見もあった。


    012101.jpg
     また、1月からサービス業(利用運送・倉庫含む)の外資規制が緩和され、外資100%で設立可能となったものの、政府が新規ライセンスをなかなか下ろさない事例があること、さらにインフラも整備されつつあるものの、まだ不十分との課題も指摘された。
    ◎関連リンク→ 日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら