Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    井本商運 海コン便モーダルシフトを提案

    2015年5月26日

     
     
     

     内航海運業の井本商運(神戸市中央区)は6月から、ISO規格海上コンテナによる国内貨物の海上輸送サービス「海コン便」で、ISOフル積載コンテナの引き受けを開始する。従来、国内貨物の場合は40フィートコンテナの貨物積載重量を20トン(総重24トン)に制限していたが、新サービスでは引き受け限度を32%増量し、同26.5トン(同30.48トン)とする。
     新サービスでは、大型トラック(積載重量13トン)2台で長距離輸送していた貨物が40フィートコンテナ1台で輸送可能となり、重量貨物を中心に、「製品の競争力をより向上させるための長距離輸送の低コスト化、省エネ化」「ドライバー不足、車両不足に対応するための長距離輸送の省人員化(モーダルシフト)」「災害時などに事業を継続させる(BCP)ための長距離輸送の多ルート化」などの効果が期待できる。


    052620.jpg
     3月31日に国交省から海コントレーラにかかる新制度が発表され、6月から外内貿別の許可基準が統一されることとなった。これにより、2012年度から順次措置されてき た「ISO規格海上コンテナを用いた国内貨物輸送」にかかる一連の制度改正が全て整ったため、同社では今後、国内貨物で輸出入貨物と同等の海上輸送サービスが提供可能と判断した。
    ◎関連リンク→ 井本商運株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら