Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    淀川製鋼所 寺田倉庫と提携「ヨドクラウド物置」

    2016年10月25日

     
     
     

     淀川製鋼所(ヨドコウ)は10月3日から、「ヨドクラウド物置」のサービス提供を開始。寺田倉庫と業務提携し、「MINIKURA API」を活用したもの。
     「ヨドクラウド物置」は衣類や写真、子どもの工作などのメモリアルグッズといった大切なモノなどを、提携している倉庫にワンコイン(500円)で預けることができる保管サービス。専用ボックス(縦57cm×横44cm×高さ51cm)の購入手続きをし、後日届いたボックスに預けたいモノを入れて送るだけで、湿度・温度を管理した倉庫で保管される。預けたモノを専用Webページから写真で確認することができるよう〝見える化〟することで、何を預けているのか簡単に確認でくる。取り出しも専用ページから簡単に行うことができる。


     同社は、昭和45年に物置を発売して以来、ガレージや倉庫、ゴミ収集庫など様々な屋外の収納商品を提供してきた。ところが集合住宅では、物置を設置することが難しく、収納スペースの確保が課題となっており、そのためマンションなどの集合住宅での収納不足を解消するため、同サービスを行うこととした。
     「ヨドクラウド物置」は専用ボックスで預かる「ヨドクラウド ボックス」のほか、スキー板・スノーボードを預かる「ヨドクラウド スキー&スノーボード」、ゴルフバッグを預かる「ヨドクラウド ゴルフ」の三つのサービスで構成。サービス開始を記念し、2か月保管料無料となるキャンペーンを実施する。対象は、同3日から12月29日の期間中、預け入れ処理が完了したボックス(最大2箱まで)で、スキー&スノーボード、ゴルフは対象外。
    ◎関連リンク→ 寺田倉庫株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら