Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流改善事務所 黒澤社長 「自社の決算書は疑ってかかろう」

    2017年8月7日

     
     
     

     物流改善事務所(大阪府吹田市)の黒澤明社長は、「自社の決算書を信用している運送経営者が多すぎる」と警鐘を鳴らす。「決算書は瞬間的な数字でしかない。たとえ良かったとしても、燃料が安かった、保険料の割引が多かった、事故が少なかったなど、『たまたま儲かった』だけ。それらが努力の成果だったとしても、それをそのまま自社の実力と勘違いしてはいけない」と指摘する。


    062713.jpg
     「事故が起きた、燃料が上がったなど、『逆風』が吹いたらすぐにアウト。儲かる体質になっているかどうかを、経営者としてきちんと見極めなければいけない」。具体的には、「財務会計ではなく、管理会計で見るべき」とし、「たとえば保険料は割引ゼロで計算し、儲けが出ているかどうかを厳しくチェックしてほしい。それでも利益が出ているなら、問題ないと言える」

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら