Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    北海道国際流通機構と北海道開発局 輸出拡大へ連携協定締結

    2017年6月29日

     
     
     

     北海道国際流通機構(鳥取義之代表理事=写真左、札幌市中央区)と北海道開発局(今日出人局長=同右)は6月16日、道産品の輸出拡大を通じた地域活性化を目的とする連携協定を締結した。札幌第1合同庁舎で同日、締結式が開かれ、鳥取代表理事と今局長が協定書に調印した。
     同協定に基づいて今後、道内の「道の駅」や「みなとオアシス」で同機構がサービスを提供する「海外おみやげ宅配便」の導入や、海上輸送による小口混載輸出の取り組みを進めていく。このほか、地方自治体に対する輸出に関する助言、輸出促進に関するセミナーの開催などを共同で行っていく。
     今局長は「3月に閣議決定されて8期目となる新たな北海道総合開発計画では、食関連の輸出やインバウンドの強化を打ち出している。5月には道内6港が全国で初めて農水産物輸出促進計画に認定された。このような中、海外宅配便やコンテナでの小口混載輸送の普及を検討していくことは非常に意義がある。機構と一緒になって施策を融合させ、様々な取り組みを進めていきたい」とあいさつ。


    070907.jpg
     鳥取代表理事は「前身の北海道国際輸送プラットホームの5年間の取り組みを通じて、開発局の取り組みに対する真剣さ、情報伝達力の速さ、情報量の豊富さなどを理解している。お互いが連携することで道内企業に対してより良いサービスが提供できるようになる。道内企業や次の世代につなげていけるような北海道にしていきたい」と抱負を語った。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら