Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    新日鉄住金エンジニアリング 阪和流通センター東京の移転工事を完了

    2017年7月20日

     
     
     

     新日鉄住金エンジニアリング(東京都品川区)は6月29日、阪和興業(大阪市中央区)から受注した「阪和流通センター東京」(千葉県習志野市)の管理棟移転工事を完了したと発表。同施設は、昭和63年に操業を開始した鋼材の加工・流通拠点で、事務所となる管理棟新設と、電気や給排水などのインフラ盛り替え工事を行った。
     同工事には、新日鉄住金エンジニアリングの鋼構造技術を用いたシステム建築「スタンパッケージ」を採用。同社は、「既存緑地や設備を生かすレイアウトを実現した」としている。また、「施工時期や範囲など綿密な調整を行い、工事を短納期で実施し、稼働中は施設への影響を極力抑えた」という。管理棟は、鉄骨造り地上2階建で、延べ床面積は1150平方m。


    071701.jpg
    ◎関連リンク→ 新日鉄住金エンジニアリング株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら