Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    新日鉄住金エンジニアリング  「LOGI FRONT越谷I」の建設工事に着手

    2018年1月25日

     
     
     

    新日鉄住金エンジニアリング(東京都品川区)は12月7日、埼玉県越谷市の大型物流施設 「LOGI FRONT越谷I」の建設工事に着手したと発表。竣工は2019年2月を予定している。

    同施設は、鉄骨造り地上4階建ての制振構造で、延べ床面積は約6万6000平方m、鉄骨重量は約7000トン。建設場所は東京都心から25km圏内で、ICからのアクセスも良く、同社は「様々な物流ニーズへの対応を目指す当施設に最適な立地」としている。

    また、「地震エネルギー吸収能力の高い当社製制振用ダンパー『アンボンドブレース』を約150本配置することで、複数回の地震に対して構造体の損傷を少なくできる」とし、「耐震構造に比 べ、ワンランク上の制振構造を実現した」としている。

    なお、同施設は、新日鉄興和不動産(同港区)から受注したもの。

    ◎関連リンク→ 新日鉄住金エンジニアリング株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら