Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アサヒロジスティクス 五霞共配センター開設、品質管理さらに向上

    2018年1月15日

     
     
     

     【茨城】アサヒロジスティクスはこのほど、五霞町に五霞共配センターを開設、1月11日に開所式を行った。

     同センターは、2760坪の敷地に、延べ床面積1031坪の3温度帯の倉庫がある。倉庫はそれぞれ、ドライが277坪、チルドが425坪、フローズンが250坪となっており、合計で1800パレットが収納可能となっている。

     新センターは2月10日から稼働を開始するが、外食産業の共同配送を手掛けるほか、食品メーカーの物流も行っていく。

     開所式には、五霞町の染谷森雄町長をはじめ、三菱食品や味の素物流の担当者らも出席。染谷町長と三菱食品の佐藤達也フードサービス本部長が来賓として祝辞を述べた。

     横塚元樹社長は、同センター開設にあたり、「立地もいいし、キャパシティも増え、品質管理についても、さらに向上できる」とし、「たくさんのお客様のお役にたてるよう、しっかりと取り組んでいきたい」とあいさつ。

    ◎関連リンク→ アサヒロジスティクス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら