Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東京労働局 臨検監督の結果「対象事業場の8割が違反」

    2018年4月23日

     
     
     

    東京労働局は3月2日、都内の道路貨物運送事業者に対して実施した臨検監督結果を公表した。実施事業場数208事業場に対して、違反事業場は170事業場(違反率81.7%)となった。

    違反状況を見ると、労働時間に係る違反=128事業場(61.5%)、割増し賃金に係る違反=74事業場(35.6%)、最低賃金に係る違反=18事業場(8.7%)、休日に係る違反=11事業場(5.3%)。

    東京労働局では「道路貨物運送業は交通事情や荷主および配送先の事情により運行が左右されるため、総じて運転者の長時間労働が懸念されるところであり、過労死、過労自殺など過重労働に起因する労働災害も少なくない」と指摘。「今後も引き続き長時間労働が懸念される事業場を対象として監督指導を行い、重大または悪質な事案に対しては司法処分など厳正な対応を行う」としている。

    今回、臨検監督の対象となった170事業場は「長時間労働などが懸念されている」事業場であり、一般の運送事業者の8割が法令に違反しているというわけではない。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら