Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    味の素AGF 高効率生産ライン導入

    2018年6月9日

     
     
     

    味の素AGF(東京都渋谷区)は6月8日、16億8000万円を投じて同社の生産関係会社である「AGF鈴鹿」に、高効率生産ラインを導入すると発表。スティック製品の生産能力を1・2倍に増強する。

    AGF鈴鹿のスティック充填・包装工程に「スティックリニア搬送型チェンジオーバーレスライン」を新規導入し、リニア構造による高速搬送と、型替え作業の大幅な削減を実現するとともに、IoT情報技術を活用した生産工程情報のビッグデータ化・解析反映によって高効率生産ラインを可能にする。また、自動化による手作業の削減で、作業効率を向上させた生産ラインを構築。

    今後は包材の自動搬送設備の導入を予定しており、さらなる作業時間や作業負荷の軽減実現を目指す。

    ◎関連リンク→ 味の素AGF株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら