Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    富士運輸厚木支店 清水順一朗さん 二足の草鞋で会社支える

    2018年8月10日

     
     
     

    富士運輸(松岡弘晃社長、奈良県奈良市)の厚木支店に勤務する清水順一朗さんは、同支店で大型トラックを運転する傍ら、今、話題のユーチューバーとして活躍している。

    「もともと車が好きだった」という清水さんは、6年前に大型のドライバーとして同社に入社した。

    主に大阪と東京間の幹線輸送を担っているという清水さんだが、日夜フリー便として動いているので、北は東北、西は九州まで、国内を幅広く回っている。

    清水さんが二足の草鞋を履くようになったのは、1年半前。「荷待ち時間などの空き時間に何かできないかと考えていた際、思いついたのがユーチューブだった」と振り返る。

    同社に入社前に友人とネット関連の事業を行っていたこともあり、インターネットには、ある程度の知識があったという清水さん。ただ、当初はユーチューバーには抵抗もあったようで、戸惑いも感じていたという。

    それでもやってみたいという欲が勝ち、「当時、中学生だった息子の意見を聞きながら見よう見まねで始めた」と、打ち明ける。

    ペットや趣味の自転車のことなど、色々なテーマで動画を投稿していたという清水さんだが、テーマの絞り込みの必要性と、自分の仕事を生かせると考え、テーマをトラックに絞った。その結果、清水さんのサイトの登録者数は日に日に増えていった。

    現在、清水さんが開設する「shimijun‐ch」への登録者数は約2万人で、再生回数は1338万回(6月15日現在)に上る。

    清水さんによると、1作品で10万再生がヒットと言われているそうだが、これまで約120本を投稿した清水さんの、1本あたりの平均再生回数は11万回と、ヒットの目安である10万回をクリアしている。今は、トラックだけでなく、乗用車にもテーマを広げている。

    最初は会社に内緒で始めたという清水さんだが、人気とともに社内に知れ渡り、今では、松岡社長公認のユーチューバーで、時には、同社長からのリクエストもあるという。

    この日は、東京・港区にある六本木ヒルズのユーチューブのスタジオで、清水さんを取材した。清水さんは、「ユーチューバーとして、登録者数を年内に2万5000人まで増やしたい」と話す一方、「この仕事があるからこそ、ユーチューバーとしての活動もできる」とし、「今後もドライバーとして、富士運輸で働いていきたい」と、2足の草鞋でしっかりと会社を支えていく考えだ。

    ◎関連リンク→ shimijun‐ch

     

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら