Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    CBcloudとシーアールイー 業務提携範囲拡張に合意

    2018年8月13日New!!

     
     
     

    荷主と配送ドライバーのマッチングプラットフォーム「PickGo」を提供するCBcloud(松本隆一社長、東京都千代田区)と、物流不動産の開発、リーシング・管理事業を展開するシーアールイー(亀山忠秀社長、同港区)はこのほど、業務提携範囲の拡張に合意。より多くの車両をリースで提供可能となった。

    両社は、誰でも手軽に軽貨物運送事業を始められる「PickGoカーリース」サービスで、新車リースを1年で100台まで拡大。軽貨物配送事業を始めたい人や、既存の軽貨物事業者で借り換え希望の人を対象に、国産メーカーの新車を手軽な価格と柔軟な期間でのリースを提供する。

    リース台数の拡大を決定した経緯について、松本社長は「軽貨物事業をはじめるためには、車両の調達が最初の課題」とし、「初期費用や高額なリース料の負担をできる限り軽減することで、軽貨物運送事業における人材不足を解消していきたい」としている。

    一方、CBcloudと協働でリース事業を開始することとなったシーアールイーは「物流業界における課題の一つであるドライバー不足を解消する施策として、既存事業に新たな価値を付加していく」とし、「人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォームを目指す」考えだ。

    「PickGoカーリース」の対象エリアは、関東地域(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)と関西地域(大阪府・京都府・兵庫県)で、今後は全国に順次拡大していく予定。また、独自サービスとして、貨物軽自動車運送事業の開業に関わるサポートならびに、「PickGo」を通じた仕事の提供(PickGo以外の仕事も受託可能)も行う。

    ◎関連リンク→ CBcloud株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら