Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東ト協 トップランナーセミナー 環境対策評価で表彰

    2019年1月31日

     
     
     

    東ト協は12月17日、「『グリーン・エコプロジェクト』トップランナーセミナー」を開催。浅井隆会長は冒頭、「トップランナー賞」「環境委員長賞」の受賞者に祝辞を述べ、「従業員全てが環境対策、安全対策の意識を高め、『未来のために私たちができること』としてエコドライブに取り組み、社内のレベルアップを図ることで、燃料費削減や事故防止などに着実な成果として現れる」と話した。

     

    今年度の「トップランナー賞」受賞者は、あやめ運輸(豊島支部)、沖倉運送(世田谷支部)、サンケイ城北広告社(足立支部)、東京ロジステック小林徳市運送(港支部)、平野運送(墨田支部)、藤岩運輸(江戸川支部)、富士宮運送(大田支部)の7社が受賞した。

     

     

    また今回から、トップランナー賞受賞を逃した参加者の、継続的な取り組み意欲の促進を図ることを目的に「環境委員長賞」が新設され、サン・エキスプレス(多摩支部)、三港運輸(深川支部)、新宿運輸商事(新宿支部)の3社が受賞。

     

    その後、「グリーン・エコプロジェクトのトップランナー基準と今後の取り組みについて」として、受賞者の取り組み事例を紹介した。最後に都環境局環境改善部自動車環境課の堀哲課長が、「都の環境対策について」と題し、自動車に対する世界の環境意識の現状や、都の貨物輸送評価制度について説明を行った。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら