Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    川崎汽船 新物流システム(VMS)を開発

    2005年8月24日

     
     
     

     川崎汽船は24日、サプライチェーンマネージメントサポートシステムであるVisibility Management System(VMS)の開発が完了したと発表。
     VMSはインターネットをベースとしたサプライチェーンマネージメントシステムで、コンテナ単位での動静確認だけでなく、コンテナ内のSKU (Stock Keeping Unit : 製品の在庫管理単位) レベルで物流におけるすべての動静を確認することが可能。本船予約、コンテナの動静、船積み、パーチェスオーダー、製品情報など、詳細なデータが常にロジスティクスパートナーによって更新され、視覚的にウェブ上でリアルタイムに必要な情報をいつでも取得できる。
     すでに使用を開始しており、同社グループ会社の協力により、北米に拠点を置く顧客のアジアからの購買をサポートしている。また、日本の大手メーカーにおける世界各地からの調達、梱包、海上輸送などの情報の相互互換の役割を果たしている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら