Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    三協 「SANKYOロジ4メーション」

    2006年2月15日

     
     
     

     「現場を知ること=地に足をつけること」にこだわり、物流業務に従事し、真の物流ソリューションを提供している三協(山田孝治社長、大阪府大東市)。5年前から育んできた倉庫会社による物流・倉庫のためのコンサルティング「SANKYOロジ4(フォー)メーション」を実現させた。
     これは現場責任者・営業・物流技術管理士・物流専門SEの4人が一つのチームとなり物流改善やアウトソーシングをサポートするもの。「物流技術管理士は、物流に特化したIT技術を利用し、より能率のいい物流現場を実現させた。物流専門SEは机上論ではなく、物流現場の視点からプランを検証、いかなるトラブルやイレギュラーが発生してもすべてマニュアルで対応できる」と山田社長は語る。
     同社長は、社長就任後、最初にリストラを実施した。「物流の現場レベルは、20年前と変わっていなかった」と振り返る。「『物流を高める技術部の質を高めなければ』と考え、優秀な人材を集めた。その人材が真剣に取り組み、飛躍的に効果は上がった。数値管理ができれば仕事も面白くなり、数値が見えれば、自然と頑張る」という。
     問題は常に現場で発生しており、解決の糸口は現場の中に隠れていると考える同社長。大手電機メーカーの改善では、荷受けした部品をラックに格納する作業で、ミス防止策として7ケタのロット番号に平仮名やカタカナ1文字を入れた「簡易ロットナンバー」を導入。「格納ミスがなくなった」という。
     「ラベルの文字を1cm大きくするなど、ちょっとした工夫で改善できる問題もある」と指摘する。「困っている企業には、ぜひ声をかけていただければ」と力強く語る。
     同社HPは、http://www.kk-sankyo.com/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら