Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国土交通省 EMS導入支援の募集内容

    2006年3月16日

     
     
     

     国土交通省は15日、3月末より開始するエコドライブ管理システム(EMS)導入支援の募集内容を発表した。
     同支援は、自動車運送事業者等のエコドライブを推進するため、同省が経済産業省と連携し、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のエネルギー使用合理化事業者支援事業の補助制度を活用して、導入費用に対する補助を実施するもの(本紙既報)。
     事業総額は、トラック、バス、タクシー事業者を対象に約26億円。補助対象機器は、デジタル式運行記録計などのEMS用車載器及び分析ソフトやカードリーダーなどの事業所用機器。補助率は3分の1。
     今後のスケジュールは、3月下旬からEMS普及事業者による参加事業者の募集やNEDOによる公募がスタートする予定。事業開始は7月頃。
     リース方式での参加事業者の要件は次の通り。
    ▽一事業所あたり一定台数以上、新たにEMS用機器を導入すること
    ▽EMS用機器の種類と導入台数を決定していること
    ▽国交省の認定したEMS普及事業者とリース契約を締結すること
    ▽機器導入予定車両の前年度月別の燃料種別の燃料使用量と走行距離の実績を把握していること
    ▽参加申し込みまでに省エネ目標を立てるとともに、エコドライブを推進するための管理者を選定するなどの社内での推進体制を整えること
    ▽省エネ目標を確実に達成すること
    ▽補助事業完了後一年間、燃料種別の燃料使用量と走行距離の実績を記録し、EMS普及事業者へ報告すること
     なお、EMS用機器を買い取りでの導入を希望する場合は、自ら事業実施計画を作成し国交省の認定を受けた上で、NEDOに直接、補助申請をすることになる。また、補助事業完了後には、NEDOへの実績報告を行うとともに、約一年後にNEDOが主催する成果発表会での報告などが義務づけられる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら