Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ラサール フットワークの7施設をオフバランス化

    2006年3月16日

     
     
     

     ラサールインベストメントマネジメント(東京都千代田区)はこのほど、同社が組成したSPC「FWプロパティー特定目的会社」が、フットワークエクスプレス(大阪市中央区)をテナントとする物流ターミナル施設7物件を取得したと発表。
     今回、同社が取得した物件は、三島支店(静岡県三島市)、中部支店(愛知県海部郡)、豊川支店(愛知県豊川市)、京都支店(京都市久世殿城町)、広島支店(広島県廿日市市)、北九州支店(福岡県北九州市)、福岡支店(福岡市東区)の7施設。
     いずれもフットワークエクスプレスの路線便事業の重要なターミナル施設で、今後も引き続き同社が利用する。
     ラサールインベストメントマネジメントの中嶋康雄氏は、「フットワークエクスプレスの不動産のオフバランスニーズに応えられたことを大変うれしく思う」と語り、「不動産の所有をアウトソースし、限られた経営資源を有効に活用していく企業は、今後ますます増えていくものと考えている」とコメント。
     また、「これまで当社の物流不動産投資は、開発案件を中心に行ってきたが、今後は、今回のような案件にも積極的に取り組み、多様化する物流企業のオフバランス化のニーズに応えていく」としている。

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •