Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トヨタ自動車 「環境に関する調達ガイドライン」改訂

    2006年4月3日

     
     
     

     トヨタ自動車はこのほど、自動車の部品・資材の各取引先に対し環境面での積極的な取り組みを求めた「環境に関する調達ガイドライン」(1999年3月発行)を改訂。名称を新たに「TOYOTAグリーン調達ガイドライン」として、四月から運用を開始した。
     同社では、今回の改訂で対象業種を従来の部品、資材に加え、物流、設備、工事などに拡大し展開。また、今後は国内外の連結会社を通じ、その取引先にも順次、拡大展開し、社会・地球の持続可能な発展に貢献していくとしている。
     今回の改訂では、次の4項目を変更のポイントとし、それぞれの項目で取り組みレベルの強化を図っている。
    (1)従来の環境に関するお願いに加え、社会面の項目を追加
    (2)トヨタの環境への取り組みのグローバル化が進む中、取引先の生産環境での取り組み(CO2低減など)をお願い
    (3)物流でのCO2排出量をさらに低減するため、調達物流での環境への取り組みをお願い
    (4)従来の調達ガイドライン発行後に取り組みを始めた項目(欧州ELV・使用済み車両指令への早期対応、自動車の生産から使用・廃棄にわたり、環境影響を総合的に評価するトヨタのシステム「Eco—VAS」対応、委託物流での環境への取り組みなど)を記載

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •