Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤンマー物流サービス 神戸センター設立へ

    2007年2月1日

     
     
     

     ヤンマーはこのほど、子会社のヤンマー物流サービスが海外向け補修部品の輸出強化を図るため「神戸センター」を設立すると発表。08年4月の稼働を予定する。
     ヤンマーグループにおける物流全般を担う同社は、全国6か所に製品・部品を保管するセンターを運営しており、「大阪パーツセンター(大阪PC)」で海外向け補修部品の保管を行ってきた。
     しかし近年、エンジンなどの製品輸出が増大。2012年にはグループ海外売上比率50%を目標としていることから、在庫能力が不足しつつある大阪PCの機能を継続・拡大するとともに、約33億円を投資し、神戸センターを設立することとなった。
     神戸ポートアイランド内に設置される同センターは、建物面積8450平方メートル、延べ床面積1万5080平方メートルで大阪PCの約1.5倍の在庫能力を持ち、パーツの仕組みなども行う予定としている。
                                (07/2/2)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら