Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    AMBプロパティ・ジャパン 「春日井小牧東DC」開発

    2007年2月15日

     
     
     

     AMBプロパティ・ジャパン(マイケル・エバンス代表、東京都千代田区)はこのほど、愛知県春日井市に大型物流施設「春日井小牧東ディストリビューションセンター(DC)」を開発すると発表。12月末に完成予定で投資額は約1億ドル(120億円)を見込む。


    topics1690amb.jpg
     同センター建設地は愛知県企業庁が開発する明知工業団地内。国道19号沿いで中央自動車道小牧東インターや東名高速道路春日井インターに近い。
      6階建ての施設は延べ床面積3万7000坪と中部地方最大規模。ワンフロアは5000坪で、一般的な倉庫一棟に相当するという。
      土地の形状によって余裕のできたスペースを生かし、製造や組み立ての軽作業が可能な中二階を設けることも可能だ。
     各階にトラック49台分のバースを備え、らせん状のランプウェイ2か所から乗り入れる構造となっている。 できるだけ在庫を持たずに済む物流システムをアピールし、主に自動車部品や繊維、セラミックスなどを扱う企業および3PLを手がける物流企業に賃貸する方針。
     名古屋市内のホテルで会見したマイケル・エバンス代表(写真)は、「中部地方は製造業が集積し貿易も活発。投資に値する最高の場所」と進出理由を説明。さらに企業活動のグローバル化についても触れ、「中部国際空港周辺への進出にも興味がある」と話した。
     親会社のAMBプロパティは北米、欧州、アジアで事業を展開し、日本法人は2003年の設立。現在、首都圏を中心に12施設を運営し、今回の春日井小牧東DCをはじめ7施設を年内に完成させるとしている。
                               (07/02/15)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら