Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 冊子「港湾の国際競争力を考える」を刊行

    2007年4月3日

     
     
     

    物流連はこのほど、冊子「港湾の国際競争力を考える」を刊行した。
    hyousi.jpg
     現在、港湾においては、アジア発着のコンテナ貨物量が全世界の61.2%を占めるまでに急拡大している。しかし、シェアを拡大しているのは、シンガポールや中国、韓国の港湾であって、日本はシェアを縮小し、取扱量の順位も大きく低下している。
     冊子では、そうした原因や、挽回する方策などについて、有識者や港湾行政当局、港湾管理者や荷主による座談会や論考などを通して検討を加えている。
     92ページで、価格は2,000円(税込み)。
    問合せは、電話03(3593)0139番まで。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら