Now Loading...
 
  • トピックス

    わが社に監査が来る! 第2回:事故時より改善を

    2010年5月31日

     
     
     

     これから数回は「重大事故を起こした時」に何をすればいいのかをお話しします。
     大きく分けますと、(1)点呼の実施状況など(2)過労防止(3)運行記録計(4)運転者教育など(5)過積載防止(6)適性診断(7)健康診断(8)
    運転違反歴など(9)帳票類の整備など(10)運行管理者など(11)点検整備管理など(12)社会保険など。12項目について、事故を起こしたドライ
    バーとその営業所の安全管理体制のチェックをしていきます。



     今回は基本中の基本である、点呼の実施状況などに関するチェックポイントについてです。まずは次の?〜?をチェックして下さい。

     ?対面点呼を実施していたか。
     ?ドライバーの表情などから、疾病・疲労・飲酒、その他の理由により安全運転できない状況ではなかったか。
     ?アルコールチェッカーによるチェックはしていたか。(来年から義務化予定)
     ?日常点検の実施とその確認をしたか。
     ?全点呼回数の3分の1以上は運行管理者本人が実施していたか。
     ?点呼記録は記録し、1年間保存されているか。

     どれだけチェックを入れることができたでしょうか?
     大切なのは、現在、何が問題なのかをハッキリとさせることです。そして自社の現状を把握した上で、事故時よりも点呼実施率を向上させることが重要です。

     チェックできなかった項目については、?監査までにどれだけ改善できるか?が非常に重要ですね。

     例えば「点呼実施率」が事故時50%未満の場合、まずは50%以上に改善できるように工夫します。運行管理者だけでは点呼を実施できない場合は、補助者を選任します。

     また、運行管理者は29台まで1人を選任すれば法律的にはOKですが、全点呼回数の3分の1以上の点呼を運行管理者本人が実施できない場合、もう1人運行管理者を追加選任する必要もでてきます。全点呼回数の3分の2を補助者ができるので、ドライバーに基礎講習を受講させ、補助者に選任するケースもあります。定年退職者を雇用し、早朝の点呼を担当させることで実施率を上げる事業者もいます。

     点呼実施率向上のために、事故後はどのように改善しているか。この姿勢こそがもっとも大切なポイントですね。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら