Now Loading...
 
  • トピックス

    動画投稿サイトに驚きの映像「ウチのトラックの違法行為が…」

    2010年7月30日

     
     
     

     根も葉もない「企業情報」がウワサとなって、いったん流れ出したら、もう止めることができないインターネットの書き込みサイト以上に深刻なのが、掲載された証拠映像がモノをいう動画投稿サイトだ。信じられない話だが、行政マンのなかにも投稿動画の支持者が存在しているようで、そうした場所で入手した情報を元にトラック事業者の違法行為をついてくるケースもあるという。実際にサイトをのぞいてみると、確かに営業トラックのマナー違反や、明らかな不正行為までを映し出した数々の映像が並んでいるのに驚かされるばかりだ。


    toukou_0730.jpg
     広島県の物流会社は過日、高速道路でのスピード違反容疑で関西地方の警察から事情を聞かれたが、「捜査当局が標的にしていたのは、会社ぐるみでリミッターを不正に解除しているのではないか…という点だった」と同社社長。トラックの各種規制に精通していることで有名な地区の警察だけに、社長も言葉を選んで対応したという。

     しかし、結果は「リミッターを外している可能性が高い」と結論付けられ、その証拠として示されたのが同社トラックの爆走ぶりを映し出した投稿動画と、Nシステム(幹線道路に警察が設置している自動車ナンバープレートの自動読み取り装置)のデータだったという。複数のNシステムのポイントを通過した時間と、ポイント間の距離から車両の走行スピードは簡単に割り出せるのは確かだ。

     社長によれば「調べた結果、リミッターを外したトラックが出てきたのは事実。すでに適正な形に戻しているが、これまでなら思いつかないような格好で捜査当局が動くケースが出ているようだ」と話している。

     一方、ドライバーが起こした死亡事故に関連した運輸当局による立ち入り監査で、「動画投稿サイトの威力というか、怖さを知った」と打ち明ける運送会社社長もいる。「重大事故を起こしたのは間違いない事実で、それ相応の厳しいチェックにも納得した。ただ、驚いたのは監査を終えて立ち去ろうとした際に運輸担当官が口にした一言だった」という。

     担当官が切り出したのは、今回の事故とは無関係な同社所有の1台のトラックについての内容。「明らかに不正改造されたトラック」と指摘され、当初こそ知らぬふりを決め込んだが、ここでも決定打として持ち出されたのが大手動画投稿サイトの映像だった。

     「そこに映っていたのは間違いなくウチのトラックだった」。担当官の指摘にうなずくしかなかったというが、納得できなかったのが「自家用ナンバーへの変更」だったらしい。「不正改造トラックである以上は抹消するか、もしくは白ナンバーに戻すように指導されたものの、『白ナンバーなら不正改造をしてもいいのか』と聞きたかった。この先も目を付けられてはたまらないから、こらえたけれども…」と話している。(長尾和仁)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら