Now Loading...
 
  • トピックス

    「フェリー回帰」の動き ドライバー向けサービス向上

    2015年10月19日

     
     
     

    ferry_1019.jpg 長距離輸送をメーンにしている運送会社にとって、フェリーの利用はトラックドライバーの体調管理を考える上で積極的に進めたいアイテムだが、「フェリーなど利用しなくても、そのままトラックを走らせた方が速い」や「フェリーを待っている時間がない」など、利用しない運送会社が多いことも事実。しかし、ここに来て「フェリー回帰」の動きが見えてきた。



     神戸港から九州方面へのトラックの輸送実績は、平成25年度に16万5126台だったものが、同26年度は19万9698台と120%以上の伸びを見せている。フェリー会社でもトラックドライバー向けのサービスを向上させている。名門大洋フェリーでは、9月に就航した新造船に「ドライバーズルーム」という一人部屋を用意するなど、トラックドライバーが過ごしやすい空間を提供している。(詳しい内容は、物流ウィークリー10月19日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •