Now Loading...
 
  • トピックス

    相談件数24万件と増加するいじめ・嫌がらせ 最新パワハラ事情

    2015年11月19日

     
     
     

     「運送会社ではパワハラなんて当たり前。だから、就職先には違う業界を探している」「キツい・きたない・危険の代名詞のような業界だけに、パワハラも当たり前」。「運送業や建築業では、キツい指導は当たり前」とは大昔の話。「パワハラは業種や企業の大小に関係ない」というのが現在のパワハラ事情だ。しかも、「たちの悪いパワハラは大手の方」という声もある。



     厚労省の関係団体である労働政策研究研修機構によると、「2012年に調査したアンケートでは医療・福祉関係に多いというデータが出たが、正直、データによって違う結果が出ることが多く、『この業界に多い』ということは言えない」という。また、全国社会保険労務士連合会では「当会では調査しておらず、データがない」という。厚労省によると「都道府県労働局に設置した労働相談コーナーに寄せられる『いじめ・嫌がらせ』に関する相談は年々増加し、平成24年度には相談内容のトップとなり、引き続き増加傾向にある」という。平成26年度の相談件数は23万8806件で、うち「いじめ・嫌がらせ」は6万2191件で26%を占めている。(詳しい内容は、物流ウィークリー11月16日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら