Now Loading...
 
  • トピックス

    大ト協海コン部会 新部会長に山口与嗣雄氏 問題解決への動き

    2016年9月6日

     
     
     

    0906.jpg 大ト協海コン部会は8月25日、役員会を開催した。任期満了に伴う役員改選の再議結果については、同9日に部会員140社に同議題に関する文書を送付し、19日までに74社から回答を得た。部会員総数の過半数である71社を超えたため、書面による再議が有効に成立。承認69社、否認4社、棄権1社の合計74社の結果から新役員が承認された。



     新部会長は山口与嗣雄氏(近畿木材運輸)、新副部会長は上橋將良氏(泉州物流サービス)、寺本英治氏(阪神共同作業)、監事は小西保美氏(日本運送)、幹事には古川吉雄氏(関西菱木物流)、以倉良隆氏(本州運送)、古川豊勝氏(三友港運)が就任した。
     この結果を受けて8月25日に開かれた役員会では、山口新部会長が「兵ト協海コン部会、阪神港海コン協会、当部会が三位一体となって、業界が抱える問題に取り組む必要がある。阪神間の地域問題に関しては阪神港海コン協会で取り組むことになっていく。部会活動については縮小していくものの、継続して業界の諸問題には取り組んでいく。海コン業界の発展に向けて進めていきたい」と就任のあいさつをした。

    (詳しい内容は、物流ウィークリー9月5日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら