Now Loading...
 
  • トピックス

    特殊車両通行許可 疑問抱く運送事業者 対応に不信感

    2016年9月21日

     
     
     

     特殊車両通行許可については、許可の取得まで、ある程度の時間を要することから、以前から重量物輸送業者では簡素化を求める声も多い。しかし、道路幅や橋の強度などの関係から、いまだ簡素化に至っていないのが現状だ。重機や建設資材を専門に輸送する大阪府の運送A社では今月、「思わぬ事態が発生した」とし、特車通行許可について様々な疑問を抱き、国交省の対応に不信感を募らせている。



     A社は数か月前、荷主から依頼された輸送のために、行政書士に特車通行許可の申請を依頼した。「許可が認められるまで、およそ2か月は必要という認識はあった」。しかし、行政書士に依頼して2か月が経過しても行政書士から許可取得の連絡はなく、荷主から輸送を催促されたという。A社は行政書士に再度連絡し、許可の状況を尋ねたところ、土木事務所から「A社の特車通行許可申請は提出されていない」との回答だったという。行政書士も受付の受理を示すものがなかったことから、「出した」「出していない」の水掛け論になると考え、A社は再度、道路の通行許可申請を提出した。

    (詳しい内容は、物流ウィークリー9月19日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら