Now Loading...
 
  • トピックス

    積載効率高める 本腰を入れる荷主

    2017年5月12日

     
     
     

    tra051501.jpg どれだけの荷物をトラックに積み込むことができるだろうか。荷主にすれば、効率的に荷物を積み込むことができれば、それだけコストを抑えることになる。運送事業者にとっても人手不足で四苦八苦している現在、少しでも効率的な輸送を展開したい。今回、荷主自らが商品の形を変えて積載効率を高めた事例と、業界全体で段ボールの形を統一しようと取り組んでいる事例を紹介したい。



     パレット当たりの積載効率を1.5倍にさせたというのは、キリンビバレッジ(東京都中野区)。同社では、環境に配慮したやさしいパッケージ開発の一環として炭酸大型容器(1.5?)の仕様変更を実施した。1パレット当たりの積載箱数が40箱から60箱となり、積載効率が1.5倍に向上した。ペットボトルの高さは現状のままだが、胴径を直径92.5??から同89.5??に変更。同仕様変更によって、トラック台数を約2割削減することができるという。

    (詳しい内容は、物流ウィークリー5月15日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •