Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【100%がんばらせない】

    2015年3月27日

     
     
     

    多くのリーダーは、チームメンバー全員が、100%の力を発揮する
    ことを望んでいるでしょう。
    しかし、マネジメント力に定評のある経営者、ライフネット生命保険
    会長兼CEO、出口治明氏は、「そういう状態では、みんな疲れてしまう
    からよくない」と説いています。
    「2:6:2の法則」とよく言われるように、組織には、下2割の
    がんばらない者がいるものです。
    出口会長は、それを許容すべきだと言います。
    彼らは、よくないことをしているように見えますが、実は、必要が
    あって、がんばっていないものだからです。
    例えば、アリの群れにも、2割の何もしていない者がいます。
    最近の研究によると、彼らは、組織に何かイレギュラーなことが
    起きたときに対処するための『遊軍』だという説が、有力です。
    人間のチームでも、同様の現象が起こるのです。
    全員が目いっぱいがんばり過ぎていない状態は、有事のときに持ち
    堪えられる余裕があるということです。
    ですから、全員に100%の力を発揮させる必要はありません。
    ただし、平均レベルは上げ続け、全体としてがんばる組織には、
    していきたいですね。
    任せ方の教科書
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら