Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    今月下旬に新刊を上梓いたします!

    2008年8月9日

     
     
     

     熱暑のなか、北京オリンピックが開幕しました。日本人選手などの活躍も気になるところでしょう。テレビでスポーツ中継を何気なく見ていると、「ロジスティクス的な視点を戦略面で取り入れられないか」などと、つい考えてしまいます。
     さて、8月25日(予定)に『絵解きすぐできる商品管理・物流管理』(遠藤八郎・鈴木邦成/共著、日刊工業新聞社)という本を上梓いたします。共著者は、アパレル・雑貨のWMS(ウエアハウスマネジメントシステム)の「Logizard-Plus」で有名なロジザード株式会社の遠藤八郎会長です。まもなく書店に並ぶと思いますのでまた当欄でご紹介したいと思います。
     ご参考までに私の物流関連の著書について以下、まとめて紹介させていただきます。いずれも全国書店のビジネス書・物流コーナーなどやネット書店で購入が可能です。
    <物流関連の主な拙著>
    『絵解きすぐできる物流コスト削減』 (B&Tブックス) 鈴木 邦成著、日刊工業新聞社
    *物流コストの削減をいかに進めるか、改善でどれくらいのコスト削減を期待できるかをやさしく解説
    『はじめての物流100問100答』 鈴木 邦成著、明日香出版社
    *物流の初歩的知識から日々の実務に活用可能な専門知識までをやさしく解説
    『絵解きすぐできる流通在庫の管理・削減』 (B&Tブックス) 鈴木 邦成著、日刊工業新聞社
    *販売物流を中心に在庫管理、削減のノウハウ、基礎知識、応用知識、事例などを解説。生産物流、調達物流の担当者もぜひ一読を!
    『トコトンやさしい流通の本』 (B&Tブックス)鈴木 邦成著、日刊工業新聞社
    *流通とは何か、どのようなしくみかなど、流通について初歩からやさしく解説
    『図解 あっ!という間にわかる物流の最新常識 第2版』 (B&Tブックス) 鈴木 邦成著、日刊工業出版社
    *激変する物流業界の「いま」と「これから」をIT、規制緩和、グローバル化、環境などの視点から詳しく丁寧に解説。初版から内容を大幅改訂
    『絵解き すぐわかる物流のしくみ』 (B&Tブックス) 鈴木 邦成著、日刊工業出版社
    *物流とは何か、どのようなしくみかなどを初歩から絵解きでやさしく解説
    『郵政民営化で始まる 物流大戦争』 鈴木 邦成著、かんき出版
    *郵政民営化で世界は日本はどう変わるかを詳述
    『戦略ウエアハウスのキーワード』 (物流キーワードシリーズ) 鈴木 邦成著、ファラオ企画
    *倉庫、物流センター、ロジスティクスセンターなどを「ウエアハウス」という概念でくくりで解説。物流不動産ビジネスの隆盛をフォロー
    『図解 勝ち組企業・世界戦略構築の最新常識』鈴木 邦成著、マイクロマガジン社
    *勝ち組企業の世界戦略を詳しく丁寧に図解で解説
    『トコトンやさしいSCMの本』 (B&Tブックス)鈴木 邦成著、日刊工業出版社
    *SCMとは何か、そのしくみ、歴史などをやさしく解説
    『あっ!という間にわかる図解 B2Bの最新常識』 (B&Tブックス) 鈴木 邦成著、日刊工業出版社
    *B2B(ビジネス・ツー・ビジネス)の現況と将来を豊富な事例を交えながらやさしく図解で解説

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら