Now Loading...
 
  • 運送会社

    ハリマ梱包 「セルフ梱包」で梱包の新たな形を提案

    2008年10月30日

     
     
     

     ハリマ梱包(杉浦秀樹社長=写真、神奈川県相模原市)は創業から55年にわたって、木材による梱包業務を行ってきた老舗企業だ。同社は従来の梱包業務を大切にしつつも、時代のニーズに合うような新たなサービスの開発にも力を入れている。


    harimakonpo2.jpg
    杉浦社長
     「セルフ梱包」は、梱包物の形状や寸法に合わせて同社が木箱を作成し、ユーザーへ送付。ユーザーが自ら梱包作業を行うことで、梱包作業費や荷物の持ち込み・引き取りにかかる費用を削減するというもの。組み立て方を詳しく記載した手順書も添付することで、ほとんどのケースを作業者1人、30分程度で組み立てることができる。
     杉浦社長は、「従来のように梱包業務をお任せいただく場合、(荷物の)引き取り業務が発生するが、1立方m以下、100-200kgぐらいのものだと積載効率が非常に悪い」とした上で、同サービスを活用すれば、このコストを大幅に削減できると説明。「荷物にもよるが、従来の半額程度に抑えられるケースもある」。もちろん、荷物のボリュームが多い場合は同社に業務を委託した方がスケールメリットを得られるが、「1か月に数個など、個数があまり出ない場合には『セルフ梱包』をお勧めしている」という。
     梱包物の形状や寸法、送り先などに合わせて、同社が一つずつ手作りで木箱を作成する。1個から注文可能で、発注から最短3日で届けられる。今年初頭から本格展開を始めた同サービスだが、精密機器や機械部品、美術品などを中心に、依頼数は順調に増加。同社長は、「『自社で梱包ができる』ということは、物流事業者にとっては荷主へのアピールにつながる。顧客囲い込みのツールとして使っていただきたい」とも話している。
    harimakonpo3.jpg
    組み立て後の「セルフ梱包」
     また、9月に開催された国際物流総合展に合わせて、新サービス「レンタル梱包」をリリース。ユーザーは、梱包箱を使い終わったら同社に返却。これにより、梱包物の保管・廃棄にかかる手間やコストを削減するというサービスだ。いまのところ、800mm×800mm×800mmのワンサイズだけだが、「ニーズを見ながらバリエーションを考えていく」としている。
     「セルフ梱包」「レンタル梱包」のいずれも、「お客さまからお聞きした不満をもとに、『では、どのような提案をすれば喜んでもらえるのか』という考えから生まれたもの」。非効率・コスト負担・廃棄物の発生などの課題をクリアすることで、顧客に受け入れられるサービスを実現している。
     また、インターネットの活用にも積極的で、専用サイト「梱包ネット」を運営し「いまでは全国から発注をいただいている。(ネットを活用することで)確実に商圏が広がった」。見積もり依頼などはネット上からも行うことができる。
     同社HPは、http://www.harima-konpo.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら